中西利雄ホームページ トップページへ 活動報告

最終更新日:2004.10.09
  九月本会議での質問から
九月議会で、金沢市が抱える諸課題について質問をしました。
三位一体改革について
競馬事業について
まちづくりについて
集中豪雨対策について

三位一体改革について

   本年八月、全国市長会など地方六団体による国庫補助負担金削減案が取りまとめられ、三位一体改革が大きな進展を見せました。三位一体改革は、補助金を減らし、自主財源をふやすことで地方の独自性、独立性を確保し、地方分権を進めることが大きな目的と理解しつつも、今回の削減案には、義務教育費や廃棄物処理施設整備費に対する補助が含まれていることから、本市への影響等について質問を行いました。市長は、質問に対して、補助金削減、交付税改革、税源移譲が一体で行われなければいけないと改めて述べられ、義務教育については、これまで以上に国と地方の責任分担を明確にすること、地方自治体の権限をさらに拡大することが大切なことであり、その改革の一環として補助金問題があると言われました。また、その他の補助金についても、補助金から一般財源化することで、地方の自由度を高めることが目的であり、廃棄物処理施設のような臨時的で巨額な費用を要するものについては、税源移譲にあわせ地方債と地方交付税で処理する旨の答弁がありました。

 

ページの先頭へ

競馬事業について

   六月議会において、「金沢競馬の存廃については、大変厳しい状況が想定されることから、廃止も視野に将来のあり方を見極めていく」と答弁されたことに対し、地域雇用、競走馬の受け入れ先などの問題が山積しているため、改めて、市長の競馬事業に対する真意を伺いました。市長は、現状は大変厳しく、また雇用問題もあり事柄は大変であると認識しているが、競馬事業の収支不足に税金を投入することに対して市民の理解を得ることは難しく、早め早めに研究をしていく必要があること、これから県とともに協議をしていくことを明らかにしました。競馬場の存廃は、大変重要な問題であるだけに、これからも動向に注視していきたいと思います。

 

ページの先頭へ

まちづくりについて

   地価公示価格が12年連続で下落しており、都市の魅力がなくなり、都市の衰退に一層拍車をかけることにもなりかねない今日の状況をどうにかしたいとの思いから、金沢の顔ともいうべき中心市街地、とりわけ旧県庁跡地と片町から香林坊、武藏ヶ辻へと連なる百万石通り沿い、さらには平成17年度に移転が計画されている金沢大学工学部跡地問題への対応策について質問しました。市長は、旧県庁跡地については、機能面の議論はもう尽くされた、そろそろ収れんの時期であり、これからは跡地だけではなく中央公園など周辺地域をも含めた土地利用を考える時期で、本市としても、できることがあれば積極的に取り組んでいきたいと答弁されました。旧第一勧銀跡地付近については、金沢の中心地でもあり、開発には風格も考える必要があり、オフィスビル誘致のための助成制度を創設したこと、また、まちづくり協定を結べないか準備をしていることを、金沢大学工学部移転跡地については、真剣に考える時期に来たという認識であり、県、大学との三者による実務者会議を立ち上げ、県とともに積極的に取り組んでいくと答弁されました。旧県庁跡地については、「文化・情報の総合センター(仮称)」の計画を白紙とし、セントラルパーク整備を軸に利用策を再検討する動きがあるようですが、にぎわい創出が待ったなしの今日、もうゆっくりと議論をしている場合ではないと強く感じています。

 

ページの先頭へ

集中豪雨対策について

   100年に一度という記録的な集中豪雨が新潟、福島、福井県などを襲い、甚大な被害を出し ました。いつあのような豪雨が金沢を襲わないとも限らないので、避難誘導策、地域防災計画の見直しなどについて質問しました。市長は、災害時は全庁的な対応が必要なことから、見直しの作業部会を設置し、各部局での事務の再確認・再認識を行うとともに、注意報発表時からの対応の仕方についての目標をつくる、また、高齢者の避難誘導を初め具体的な情報伝達の方法などについてのマニュアルをつくることを十月をめどに行っていることを明らかにしました。今回の豪雨災害で、河川改修は長期間で巨額の費用を要する事業であり、今すぐどうこうできるものでないだけに、災害の被害を最小限にする努力を怠ってはいけないと改めて思い知らされました。これからもこういった災害が少しでも減るよう努力していきたいと思います。
   最後に、今回の豪雨水害で亡くなられた方々にご冥福をお祈りし、被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げたいと思います。

九月本会議での質問
 

ページの先頭へ

活動報告一覧TOPページに戻る

Copyright © 2004- t-nakanishi.jp All Rights Reserved.