中西利雄ホームページ トップページへ 活動報告

最終更新日:2004.07.29
  これは少しおかしい(土木建設常任委員会の質問から)
「これは少しおかしくないか」 ということで、最近の土木建設常任委員会で質問したことについて、ご報告したいと思います。
県道金沢外環状道路海側幹線の福増交差点について
香林坊における広告について

県道金沢外環状道路海側幹線の福増交差点について

福増町交差点

(北陸中日新聞2004/07/16より抜粋)

 

   この交差点は、開通当初から右折する際は、一旦停止せずに市道へ進入できるようになっていましたが、交差点内での右折車同士のすれ違いが怖いなどの理由で一旦停止する車が多く、接触事故も発生していたので、5月6日と6月21日に開催された土木建設常任委員会で「この交差点の右折方法がわかりにくくないか」 というこ とを質問しました。この交差点については、すでに通

られた方も多く、先般、テレビにおいても特集を組んで紹介していましたので、そのように感じられた方も多いと思います。

   結論から言えば、7月16日午前6時から右折方法が、北陸自動車道下を通る国道8号交差点の多くが採用している一旦停止方式になり、わかりにくさも少しは緩和され、19日には金沢外環状道路海側幹線の4車線が供用開始されました。行政にしては迅速な対応をしていただいた石川県警に感謝しつつ、今後もこういった箇所が目につけば、市の管轄以外であっても対処方に努めていきたいと思っています。

 

ページの先頭へ

香林坊における広告について

   最近、旧石川銀行本店跡地に地元民間業者が手を挙げているとの報道がありました。地方自治体の財政が厳しく、官主導ではなかなか中心地の土地を購入して活性化をはかることが難しいこの時期に、空き店舗となっていた香林坊の一等地が民間業者によって再整備されることは、大変喜ばしいことですが、香林坊の一等地に片町同様、顔入り写真の広告が掲示されるとなると 「本市が進める景観行政の観点からどうかなぁ」 「少しおかしくないか」 「当該地区の広告規制はどうなっているのか」 という思いから質問しました。
   景観については、昨年の総務常任委員会でも金沢市が21世紀美術館建設用地において奇抜なフェンスア−トを実施したとき、行政が行うことだから規制が緩くなっているのではないか、これまでの景観行政の流れからいっても、おかしくないかということを指摘しました。今回の質問は、片町、香林坊から民間業者の広告をすべてなくそうということを言っているのではありません。金沢らしさを損なわないような意匠であったり、色彩であってほしいとの思いから質問をしましたが、幸いにして、この思いが通じたのかどうかはわかりませんが、この質問を委員会でした後で、従来、市がデザイン、色彩についてお願いをしていた片町の看板が撤去されたと聞きました。私的財産と言えども、己だけがいいというのではやはり問題だと感じます。本市のまち並みがヨ−ロッパのような歴史と伝統に裏打ちされた見るものに感動すら与えるものであってほしいと思います。市長は、6月定例会の質問に対して、新たに今年度中に沿道の景観について考えてみたいと答弁しました。どういったものになるのか今の段階では何とも言えませんが、期待をしたいと思います。

 

ページの先頭へ

活動報告一覧TOPページに戻る

Copyright © 2004- t-nakanishi.jp All Rights Reserved.